機能概要

本システムの機能メニューで、業務に合わせシンプルにしてあります。物件とはアパート言えば、各部屋のことで、建物とはそのアパートの情報になります。お客様データとはその来客した時のお客様データで、お名前、電話番号等の情報を管理します。各データを基に月毎の賃料価格推移、および地域別の間取りごとの物件数等の分析(グラフ表示)ができます。以下の機能選択メニューのデザインについても弊社で行っています。

機能メニュー画面

建物データの画面です。これはには、建物の画像とその建物にある物件の一覧が見ることができます。画像データは、4Dのピクチャフィールドを使用して、そのまま、4Dのデータベースに格納しています。ですので、件数が多くなると4Dのデータベースも大きくなりますが、今のところ問題は発生していません。本画面を一覧からダブルクリックで表示しますが、表示まで、2から3秒程度です。

物件データ詳細画面

物件データの画面で、情報はこれ以外にも、価格/賃料、管理費、礼金/敷金、最寄り駅、駐車場などと1物件に対して管理項目は、50個以上もの情報を持っています。この画面から、この建物の外観(建物データ)を見ることもできます。デジカメ、又はスキャナーで撮った物件/建物の画像はあるフォルダに格納しておいて、自動的に登録できるようになっています。

物件データ間取り図画面